30日間英語脳育成プログラムは本当に効果あり?! 体験レポート その1

英会話,ナチュラルスピードHi!  リナです。

今回はヒロシ君より一足先に「30日間英語脳育成プログラム初級編」を一通り終えたリナが体験レポートという形で30日間英語脳育成プログラムをレビューしてみたいと思います。

皆さんの参考になれば嬉しいです!
教材の詳しい内容はこちら

さて、伝えたいことはいくつもありますから、今回のレビューは少し長くなると思います。
なので、あなたの貴重な時間を無駄にしない為にも、どんな人に向けてお話をしているか明確にしたいと思います。

このレビューは、こんな人に向けて書きました。

英会話が出来るようになりたいけれど・・・
何から勉強すれば効果的に英会話ができるようになれるか分からない人

大事なので、もう一度言います。

英会話が出来るようになりたいのに、リスニングもイマイチ、文法もちょっと苦手、発音、アクセント、イントネーションってどうすればいいの?みたいな感じで、やらなくちゃいけないことは沢山あるのに、何から勉強すればいいのか分からない人。
だけど、英語(英会話)は出来るようになりたい、英語力をアップしたい、そんな人に向けてこれを書いています。

では、ここからレビューを始めたいと思います。
まずは結論から。

「30日間英語脳育成プログラム」は“短時間で英会話の正しい上達法をマスターする為の教材”だと思います。

結構世の中には30日間英語脳育成プログラムはリスニングの教材だと思っている人もいるみたいなので意外かもしれませんね?

「30日間英語脳育成プログラム」はリスニングとか発音矯正とかスピーキングというような分類は適さないと私には感じられました。

現代は何かと細分化される時代です。ペットショップでドッグフードを見れば、プードル用とか、チワワ用とか、ダックスフンド用とか本当に中身違うんですか?って聞きたくなるほど何でも種別分けされて売られる時代です。そんな中、英語教材もやれリスニングだとか、スピーキングとか、文法とか、発音とか、長文読解だとか、もっと細かく言うと前置詞だけに特化したものとか、これでもかというくらい細分化されて売られています。

確かに英語が出来るようになるにあたり一つの教材で全てを網羅することは難しいでしょう。けれども、英会話って文法さえ分かっていればできるわけでも、リスニングさえしっかり出来れば成立するわけでもありませんよね。

英会話1.jpg英会話は文字通り「会話」なんです。相手があって情報の交換や意思の疎通を言葉を介して行うのが会話です。つまり、相手の言っていることが聴き取れて、理解出来て、それに対して自分の考えを構築して、自分の意見を発する。これの繰り返しが会話です。

よくつかわれる表現でいえば、言葉のキャッチボールです。キャッチボールをリズムよく行うには様々なスキルが要求されます。野球のキャッチボールでいえば、ボールを上手に受ける方法だったり、ボールを相手の胸元に投げる方法だったり・・・。

それを行うには先程あげたような細分化したスキル(リスニングや文法etc)全てを総動員する必要があります。つまり英会話には英語の総合力が必要とされます。リナには”英語脳”の定義は分かりませんが、リナなりの英語脳の解釈としては、『英語脳=英語の総合力』です。

「30日間英語脳育成プログラム」には、それらのスキルを鍛える仕掛けが各学習ステップに組み込まれているので、“英会話が最短距離で正しく上達するようなトレーニング方法を教えてくれる英会話教材”というのが私の「30日間英語脳育成プログラム」に対する印象です。その練習法こそが英会話マスターになる為の大黒柱となるような気がします。

私自身がアメリカで英語をマスターしていく過程で“英会話はスポーツと全く一緒”だと感じました。英会話は学ぶと言うよりはトレーニングによって鍛えられるというイメージの方が間違いないと思います。だとしたら一流のプロスポーツ選手がよく口にするように「正しいトレーニングの積み重ね」が上達の近道だと言えそうです。

そう考えると、正しい上達法をマスターするというのは、遠回りに見えて実は最短距離と言えるかもしれませんね♪

30日間英語脳育成プログラム
詳しくはここをクリック

次回は、「30日間英語脳育成プログラム」の特徴や学習ステップなどについて触れたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です